クんに塾女 高める

前回ヒアリングしたのは、クんに塾女意外にも、以前よりサクラのアルバイトをしている五人の男!
集まらなかったのは、メンズキャバクラでキャストとして働いていたAさん、この春から大学進学したBさん、芸術家のCさん高める、タレント事務所に所属しているはずのDさんクんに塾女、芸人になることを志すEさんの五人です。
筆者「まず先に、取りかかるキッカケから質問していきましょう。Aさんから順にお話しください」

思考実験としてのクんに塾女 高める

A(昼キャバ勤務)「俺様は、女心なんか興味なく始めるのはやめました」
B(大学1回生)「うちは、高めるガッツリ儲けなくてもいいと考える間もなく始めましたね」
C(アーチスト)「おいらは高める、ジャズシンガーをやっているんですけど、高めるまだ新人なんでちっとも稼げないんですよ。スターになる為には小規模な所からこつこつ下積みするのがベストなんで、、クんに塾女こんなバイトやりたくないのですが高める、とりあえずアンダーグラウンドな経験を蓄積しようと思って」
D(芸能プロダクション所属)「俺様は、クんに塾女○○って音楽プロダクションで音楽家を夢見てがんばってるんですが、高める一回のステージで500円しか入らないんで…先輩から紹介を受けたサクラのバイトをやっていたんです」
E(中堅芸人)「お察しの通り、小生もDさんと似た感じで、お笑いコントやって一回数百円の極貧生活してるんです。先輩が紹介してくださって、クんに塾女サクラの仕事を開始することになりました」
驚くべきことに、五名中三名が芸能プロダクションに所属中という贅沢なメンバーでした…、だがしかし話を聞いてみずとも、彼らにはサクラ独自の喜びがあるようでした…。