男性・女性が結婚を求めて利用しているお見合いサイト!お見合い目的の利用者から理想のお見合いができたと多くの声を頂いています!

前へ

次へ

お見合いとは何なのか?

お見合いで結婚をしよう!男性・女性が結婚を求めて利用しているお見合いサイト!画像1
お見合いとは?それは相手の事をはじめからしっかりと知る事が出来る合理的な合コン。

相手の事をしっかりと把握できる事もそうだが、写真や身上書で合わないと感じたらお断りすることだって出来るという素敵なシステム。出会い系サイトとは全く違い、まずサクラというものが存在しません。

しかも、お見合いはすぐに直接会えるので騙される確率はありませんし、仲介者が知っている人という安心感もあり、結婚詐欺にもなかなか合う事はありません。

さらに、出会い系サイトでの事件に巻き込まれるケースは現代多々ありますが、お見合いの場合はそのようなことが無い為、警戒して相手と会うということもありませんよね。

お見合いのいいところを上げたところで、デメリットをあげてみましょう。デメリットは、恋愛からのスタートではないということ。

恋愛をしていると脳の麻痺により正常な判断が出来なくなってしまっているとある学者が言っていました。つまり、それだけ回りが見えないほど恋焦がれてしまうということです。

「恋愛がしたい!」という人には向いてない出会い方法かもしれませんが、統計的にはお見合い結婚のほうが離婚率ははるかに少ないそうですよ☆

お見合いでは写真を上手く活用しよう

あなたはお見合い写真を撮った事がありますでしょうか?最近では結婚相談所や、出会い系のネットサービスを利用するかたもいますが、何が最強かと言うと、「近所のおばちゃんのクチ込み」ほどネットワークの広いものはありません。

お見合いで結婚をしよう!男性・女性が結婚を求めて利用しているお見合いサイト!画像3
昔はよく、「ご近所の方からあなたにお見合いのお話があるのよ」などよく聞きました。それが今の結婚相談所のようなものなのですが、おばちゃんがたのネットワークを借りて異性と出会う事ができる。

そんな出会い方もあったのです。ちなみに、当時はご近所さんとの付き合いが深く、まるで家族のように交流をしていたことから安心して相手を探す事ができました。

近年では、そのようなご近所付き合いが面倒クサイとなったり、ご近所トラブルが耐えませんが、昔はこのように出会いを提供されていたのも事実なのです。

さて、お見合い写真を撮って置く事は大事な事で、私としては出会いを求めるならきちんとお見合い写真を撮ることをオススメします。

自分で撮影したものだとどうしても上手く撮れていませんが、プロだと色々とプロの技がひかり、出お見合いが成功するなどあるようです。

もし出会いを探しているのであれば、お見合い写真をプロに撮ってもらい、ご近所のおば様方にお見合いをお願いしてみてもいいかと思いますし、そのお見合い写真で結婚相談所に登録してみてもいいかと思います。

お見合いで結婚をした夫婦の話

お見合い結婚だったのですが、夫とはどこか心の繋がりを感じられずにいました。結婚後すぐに子供に恵まれましたが、夫は育児には無関心で、家庭のことは私に任せて、自分は何もしません。

お見合いで結婚をしよう!男性・女性が結婚を求めて利用しているお見合いサイト!画像2

私のことにも無関心になり、自慢の長い髪を切ってショートヘアにしたときでえ、髪を切ったことには一切触れてきませんでした。そんな日常が続き、私は男性不信になってしまいました。

男という生き物はみな家庭を顧みないものなのだと思い込んだのです。そんなとき、同じマンションのママ友に「出会い系サイト」の存在を知らされ、登録するよう誘われたのです。

最初は、「どうかなあ」と曖昧に濁して断っていたのです。夫のせいで男性には興味が持てなくなっていましたし、出会い系って、なんだか少し危険な匂いがするし。

しかし、彼女が出会い系サイトで男性たちと楽しくメール交換をしていることを知り、私も登録してみたのです。結論から言うと、出会い系サイトに登録することで、私は変われたのです。

つまり、優しく私の話を聞いてくれる誠実な男性と出会え、男性不信が治った気がするのです。男性が優しく深い愛情に満ちた存在だと、このとき痛感したのです。

今では、私を出会い系サイトに誘ったママ友も驚くほど、私も女として美しく輝いているようです。「女としての自信がある人妻は素敵よ」と褒めてくれます。やはり女性として、男性にはいつも愛されていたいですね。

変に聞こえるかもしれませんが、夫との関係も前よりよくなっているように思えます。たぶんそれは、夫の期待することをやめたからだと思います。今では夫に、ドライな感情しか持てません。

淡々と夫婦生活と家庭を営んでいくのでしょう。今の私には、心の拠り所が家庭の外にありますから。